スライドボード商品について

スライドボード商品について

今回はパフォームベタージャパンのオンラインショップにある複数種類あるスライドボードの特徴をご紹介いたします。
スライドボードは仕様、用途によって以下の3つに分けられます。

①サイドにストッパーのあるモデル
②ボードのみでストッパーがないモデル
③スライドディスクを使用して施設の床材の上を滑らせるモデル

①はサイドにストッパーがある1番最上位モデルです。
パフォームベタージャパンの商品の中ではULTRA SLIDEスライドボードエコノミースライドボードがこれに該当します。SNSなどでアイスホッケーやスピードスケートの選手が実際の競技に近い動きで使用していることを目にする機会があるかと思います。
仕様は60cm×最大305cmです。

パフォームベタージャパンInstagram

両サイドに付けるストッパーを使用することで左右への移動を連続でおこなうことが可能になります。デメリットとしては使用しないときも施設内のスペースを埋めてしまうためにパーソナルジムなどで活用されている例は少なく、チームスポーツや県や市が運営するアスリート向けの施設で使用されることが多いです。

②はボードのみのシンプルなモデルです。
このコラムの画像にある通り、ストッパーがなくシンプルなボードのみとなります。パフォームベタージャパンのオンラインショップではミニスライドボードFLOWINが該当します。
①は横長が多いことに比べて正方形に近い仕様が多く、円を描くような動きをする際にはこちらの方が便利です。床材がラバーマットのみの施設では滑らせる場所がないのでこのモデルを導入していただくことが多く、収納も壁に立て掛けることができるためパーソナルジムでもご活用いただいています。

③はディスクのみでスライドさせるモデルです。
パフォームベタージャパンのオンラインショップではバルスライドがこれに該当します。
床材が人工芝やスタジオのフローリングなどではこちらが便利です。安価で収納のスペースも取らないためにグループでトレーニングをするチームスポーツ、フィットネスクラブから、スペースが限られるパーソナルジムなど業態を問わずにご愛用いただいています。①②とは異なり、カーペットの上でも十分に使用できるために自宅用やアスリートの遠征にも活用されています。

パフォームベタージャパンのオンラインショップでは同じカテゴリー内でも用途や仕様の異なる器具をご用意しています。また他のカテゴリーでも各器具の特徴をご紹介いたします。

パフォームベタージャパン 石田学