PB Summer Seminar Series - Mark Verstegen, EXOS

PB Summer Seminar Series -  Mark Verstegen, EXOS

今回のコラムは現在、アメリカ本社のPerform Better の無料ライブセミナーを拝聴した感想や内容などを簡単にまとめます。

アメリカ本社のPBはこのコロナ禍の影響で毎年開催しているSummitの開催を断念し、代替案として受講者に向けた無料のライブセミナーを6~9月の平日に毎日開催しています。

アメリカのPBサミットにはEXOSのロサンゼルスに長年勤めていたこともあり、Long Beachで行われる際には参加していました。毎年、スピーカーの話を聞き、実技をすることで新しい情報を得たり、考えを改めて確認する良い機会になっていました。現在行われているライブセミナーはSummitにスピーカーとして招かれている講師は勿論、色々なジャンルの方の話が無料で聴ける良い機会です。時差の関係で日本時間の真夜中で開催されているので毎日聴くことはなかなか難しいと思いますが、皆さんも是非拝聴してみてください。

私は前職のボスでもあるMark Verstegenのセミナーを視聴したのですが、セミナーの内容をご紹介する前にMarkとの関係について簡単にご紹介したいと思います。

Markとの最初の出会いは私が大学時代(2004年)にインターンとして”Athletes’ Performance:AP”(EXOSの旧社名)に入った時でした。インターンとして最初にアシスタントとして担当したコーチで、その後もAPに入社し、公私共に大変お世話になった関係です。彼のコーチングを見たときにはそのカリスマ性に惹きつけられた事を今でもよく覚えています。

トレーニングに対しての知識は勿論なのですが、グループをまとめる力、キューイングの与え方、フィードバックの与え方、選手一人一人との関係の築き方、すべてに置いて魅了されました。指導する選手はMLBやNFLなどのアメリカの一流選手ばかりなのですが、Markに対して皆リスペクトがあり、まさに選手とコーチとの関係としてお手本という感じでした。

当時のAPには他にも有能で素晴らしい人格を持ったコーチは沢山いて今でも様々なエリアで活躍しています。

そのスタッフをまとめ、斬新なトレーニングシステムを築き上げ、エリートアスリートのみならず、企業の福利厚生のトレーニング、軍隊のトレーニング、教育事業など様々な事業展開をして拡大させ、現在のEXOSを築き上げたのがMarkです。

今回は久しぶりにMarkのセミナーを拝聴する機会になり、そのタイトルは” The Power Continuum”ですが、内容はEXOSのトレーニングシステムの全体像をカバーするものでした。EXOSのビジョン”We are here to Understand & Upgrade Lives”(私たちは人々の生活を理解し、改善するために存在する)を紹介したり、トレーニングシステムを紹介することから始まり、タイトルのThe Power Continuumの話に入っていきます。

EXOSはPosition, Pattern, Powerを軸にトレーニングプログラムを構築しており、Powerはどのクライアントにとっても必要不可欠な要素になることを紹介しています。アスリートにとっては加速、減速にPowerの向上は必須であり、一般人の方の日常生活でもPowerがないと、自分の身体を支えたりすることが出来なくなるなどの例を上げて、Powerの重要性を解いていました。またForce-Velocity Curveを用いてPower TrainingがEXOSのほとんどのTraining Componentに含まれていることを述べていました。

個人的には久しぶりにMarkのプレゼンを拝聴して在籍時代(特にインターン時代)の事をも思い出していました。今も変わらずアクティブに動きながら内容を伝えるそのプレゼンテーションにはMarkの人間性が出ていて、改めて彼の下で学び、働かせて貰えたことに感謝しました。今の私のトレーニングの考え方はMarkに教わったことが基盤となっており、これからも彼に教わった事を少なからず共有する機会があればと思います。