PBJサミット2020講師紹介 荒井秀幸氏

PBJサミット2020講師紹介 荒井秀幸氏

9/20~22で開催するパフォームベタージャパンサミット2020の講師とテーマを1人づつ紹介いたします。

2人目は株式会社R-body projectのテクニカルディレクター荒井秀幸さんです。R-bodyといえば「ファンクショナルトレーニング」「コンディショニング」という言葉を日本国内に拡げた発信地として多くの方が認識しているのではないでしょうか。そのR-bodyで多くのアスリートや一般の方の身体をコンディショニングしてきた荒井さんは今ではR●ACADEMYを中心に教育事業にも尽力されています。

フィジカルコンディショングというテーマでは荒井さんの講義、実技は外せないとおもいます。是非、チェックしてみてください。

テーマ:機能的動作の原理原則に基づくフィジカルコンディショニング〜Integrated Movement Approach〜 

R-body projectでは開業以来17年間で、500名以上のトップアスリート、約10,000名の会員様、述べ25万回のパーソナルセッションを通じて、運動によって結果を出すためのデータと経験を蓄積してきました。本セミナーではR-body projectで実際に提供しているエクササイズやプログラムデザインについて実技を交えてお伝えします。

■プロフィール

荒井 秀幸 (株式会社R-body project Technical Director)

トップアスリートのコンディショニング指導や痛みを抱えたクライアントのリハビリを実施す る傍ら、R-body projectのテクニカルディレクターとしてサービスコンテンツやR●Academy、 社内教育のマネジメントを行なう。同時に東京都トップアスリート育成事業やパラリンピック 育成事業など、施設外のアスリートに対して講演やコンディショニング指導を実施している。

■資格:日本体育協会公認アスレティックトレーナー(JSPO-AT) 全米公認ストレングス&コンディショニングスペシャリスト(NSCA-CSCS) 米国NASM(ナショナルアカデミーオブスポーツメディスン)公認パフォーマンスエンハンス メントスペシャリスト(NASM-PES) 3D MAPS(Movement Analysis Performance System) CAFS(Certification in Applied Functional Science)