PBJサミット2020講師紹介 近藤拓人氏

PBJサミット2020講師紹介 近藤拓人氏

9/20~22で開催するパフォームベタージャパンサミット2020の講師とテーマを1人づつ紹介いたします。

1人目はAZCARE株式会社代表の近藤拓人さんです。AZCARE株式会社はこのコラムで何度も紹介しているのでご存知の方も多いと思いますが、 AZCARE ACADEMY というヘルスケア全領域の知識を網羅するオンラインアカデミーを運営しています。

AZCARE ACADEMYの活動をはじめ、サミットでの講義も毎回新しい知見でご登壇いただける近藤さんへの注目度は更に高まっていますが、今回のサミットで話すテーマも要チェックです。

■テーマ:Performance Training for Reactive Sports:感覚の構築から爆発的筋力発揮まで

Reactive Sportsとは、相手や対象物の動きに反応して運動を開始するスポーツを意味します。

ピッチャーの投げるボールに反応してバット振る野球や、空いているスペースを見つけて走るサッカーなどがその一例です。

筋力や可動域を上げるだけでは、カオスな状況下で瞬時に適切な判断を下し、正確に動作を繰り返すことは叶いません。

本講座では、Reactive Sportsのパフォーマンスを構成する要素を分割して評価した後、様々なアプローチで改善する方法を学びます。

■プロフィール

近藤拓人 AZCARE株式会社代表取締役、WOW’D宮崎テニクカルディレクター

宮崎県生まれ。米国ミネソタ州立大学卒業後、宮崎大学医学部医科学研究科(感覚運動医学分野)にて医科学修士を取得。日欧米の教育機関にて感覚運動分野を学び、アスリートのトレーニングや痛みを抱える患者のリハビリを担当する。現在はAZCARE株式会社代表取締役、WOW’D宮崎テニクカルディレクター等を兼任。運動療法に関する講習会を全国各地で開催している。

お申し込みはこちらから パフォームベターサミット申し込み

パフォームベタージャパンサミットへの多くの方のご参加をお待ちしています。