北島康介 年末のご挨拶

北島康介 年末のご挨拶

今回はパフォームベタージャパン代表の北島康介から年末のご挨拶です。

少し早いですが2019年もパフォームベタージャパンをご愛顧いただきありがとうございました。今年も多くのお客様と、お付き合いいただいているトレーナーさんのお陰で多くの事業に取り組むことができました。新しい取り組みとしては介護施設の研修事業、医療EXPOへの出展などを行い、昨年まで取り組んできた事業にプラスして医療・介護の分野にもパフォームベタージャパンを知っていただくきっかけになる年となりました。

昨年に続き第2回の開催となったパフォームベタージャパンサミットは200名近い受講者と10名の講師と一緒に最新知識の共有をする機会となりました。トップアスリートが受けている充実したサポートや知識の共有が後進のアスリートの競技力向上と、一般の方へ還元されることで少しでも多くの方の健康に役立つことを願い、来年以降も開催を続けていく予定です。

WEBサイトでコメントさせてもらっている「アスリートがより良いバックアップ体制で競技を続けられる環境と、より多くの方が快適で安全にスポーツを楽しめる環境を提供し、日本のスポーツの現場をさらに充実させていきたいと考えています。」これを実現させるためには、老若男女問わずその人なりの「健康」な状態であることが重要です。健康でいるには「運動」が重要であることが少しずつ浸透してきていますが、来年以降もより多くの方々が自分のペースで少しでも身体を動かそうと思うキッカケになる活動を器具やイベントを通して発信していきたいと考えています。

東京を中心に競技場などのスポーツ施設やトレーニングジムが建設され身体を動かす環境が増えていますが、利用するアスリートが安全にトレーニングに取り組み、一般の方々が健康で安心して身体を動かしスポーツを楽しめるよう、スポーツ・健康産業に貢献していきたいと思いますので今後ともお付き合いください。

改めまして2019年ありがとうございました。2020年もよろしくお願いいたします。

パフォームベタージャパン 代表取締役 北島康介